2016年12月15日

ボストンとウェリントン。


みなさんこんにちは!






山梨で愛されて121年。メガネ・補聴器のセイビドーWeb担当の清見です!








いよいよ本格的な寒さになってきましたね。









河口湖店に勤務する機会が多いワタクシは、雪の予報にビクビクしながら働いています・・・(笑)











今回は、いま流行りの『レトロフレーム』から二種類の型をご紹介しますね
(´・ω・`)










みなさんも言葉は聞いたことあると思います。










『ボストン』『ウェリントン』です。










名前は聞いたことがあるけれど、実際にはどういう形なの?










という方も多いのではないでしょうか。











ではまずは『ボストン』から。








ボストン.jpg






こんな感じの型がいわゆるボストンフレームです。









逆三角形ってあるじゃないですか?











その逆三角形の角をまるっこくしていくとボストンになります。










じゃあ『ウェリントン』は?









ウェリントン.jpg







これがウェリントンフレームです。









上の辺が長い台形と思ってください。










分類としては『ボストン』は丸型、『ウェリントン』は四角型に分類されるそうです。










ご自分の顔の形が丸ければウェリントン、角ばっていればボストン。









お顔の形と反対の型を選ぶのが良い、なんてよく言われますね('ω')










そしてボストンもウェリントンも天地幅(上下幅)が広くとられているので、面長の方に似合うと言われています。









これだけ天地幅があれば遠近両用にも対応できますよ!









いまって眼鏡フレームは『レトロブーム』です。









ボストンもウェリントンもお顔の印象を柔らかくする効果があります。









他にもフレームのカラーや材質、太さもいろいろあります。










ご自分に合ったフレーム選びの参考にしてみてくださいね!








清見でした( ゚Д゚)ノシノシ



メガネのセイビドーホームページはこちらです♪
メガネのセイビドーFacebookはこちらです☆彡


posted by セイビドー河口湖ベル店 at 13:57| 山梨 ☁| Comment(0) | メガネ選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。