2016年07月17日

メガネレンズ、輝かせます!


山梨で愛され続けて121年!メガネ・補聴器のセイビドー河口湖店スタッフの依田です








みなさんこんにちは







今回は新作のフレーム紹介も特にないので、メガネ作りの模様をご紹介します





1本のメガネが完成するまでには、数々の工程があるのですが、特にワタクシがこだわっているのがこちら











バフ.jpg








この機械は『バフ』といいます






何をするための機械かというとですね、











befor.jpg









こちらは機械で削り上がったままのレンズの状態です。












バフは、この削り上がったレンズのコバを磨くための機械なんです。












では、やってみますね









バフ2.jpg
(ウィーーーーーーーンヴゥーーーヴヴヴヴィーー!)











after.jpg












っとこんなにピカピカになります








河口湖店のバフは長年かけて育ててきた、唯一無二の機械で、取替えはききません。











バフ布の右側から左側にかけてだんだん目が細かくなっており、レンズを様々な角度で当てます。











スジ1本残しません。










この『コバ磨き』には自信があります!









ぜひお申し付けください






依田でした〜







依田.jpg
(ドヤァ)


メガネのセイビドー公式ホーページはこちらです♪
メガネのセイビドーfacebookアカウントはこちらです☆



posted by セイビドー河口湖ベル店 at 14:16| Comment(0) | メガネ作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする