2018年04月22日

想いを形に・・・

こんにちは!

山梨で創業123周年

メガネ・補聴器のセイビドー河口湖店の市川です(=゚ω゚)ノ


この土日は7月並みの陽気で世間は最高気温30°に達するのではないか?なんて

予報が出ていますね

外は晴れて本当に気持ちの良い天気です


通勤途中の旧三珠町ではぼたん祭りが開かれ

大きな花をつけた牡丹が咲き誇っていました

華やかな季節がやってきましたね(*´з`)



さて、私はと言えば・・・

今日はメガネ加工の練習にいそしんでおります・・・


KZP_5O2MGJJEMpU1524301187_1524301241.jpg


こちらは私の名札ですね

もう一昨年になりますか

購入したメガネのブローチを無理やり突き刺して使っております

このブローチが何かとご評判をいただいております

小さいお子さんにも

おにいちゃんのメガネレンズ入ってない!

などと

おにいちゃんのメガネ、レンズ入ってない!

などと言われ


そうだね、おにいちゃんのメガネは小さすぎてレンズ入らないんだよ

なんて

会話にも使えたりします

重宝しております
(`・ω・´)ゞ



さて

レンズが入ってないと言われれば

入れたくなるのが人の心

そうでしょう?



そこで用意したのがこちら

CrIJrCqmE9iyIc51524300069.jpg

加工の練習用にレンズメーカー様より頂いたレンズです


こちらを加工機で作れる限り小さく削ります

ucvfFGVRZvFrCXw1524300168.jpg

まだまだこのメガネには大きいですね


削ったレンズにフレームの形に沿ってペンで印をつけて

大体の形を描きます

tpLMLhnQeBXUWoU1524300302.jpg


粗削りしたレンズをふたつに割っても良かったのですが

レンズには中心がございますから・・・

写真の黒い点がこのレンズの中心です

やはりこの中心を無視して作るわけにはいきません

メガネのど真ん中に中心を配置したくなるのが人の心

そうでしょう?



そんなわけで、あとはこの形を頭に想い描いて・・・

グラインダーを使って手作業で削っていきます

4wOghRJE5dOVO211524300377.jpg

最初は大胆に・・・

ioIN8EmCek2fH0Q1524300915.jpg

黒い線に近づく様に徐々に力加減を減らしていきます

kGr8EKYCTtDeQBg1524300964.jpg

もうちょっと・・・


Fc9nnDjPAihxpKs1524301006.jpg

こんなもんかな・・・?

lMPWNlZwjg7CDfx1524301062.jpg

あとは気合いでハメ込みます

UocwpfCGlmtn8vf1524301106.jpg

残念ながらまん丸とまではいきませんで
ちょっとブサイクな隙間があったりします
(~_~;)

普通のセルフレームと違ってヤゲンと言って、フレームにハマりこむ山がありませんから
若干角度をつけて、コルクのフタみたいな角度で削ってハメ込んでおります(偶然)

このように、理屈や理論上、想像した形をいかに作るか?
私は手先が器用な方ではありませんので
あの手この手で
作りたいメガネが作れるように
練習しております

そんなわけで
おにいちゃんのメガネ、レンズ入りました
(*^▽^*)



Facebookもやっています

みなさんのイイネ!お待ちしております
(`・ω・´)ゞ
ラベル:市川 メガネ加工
posted by セイビドー河口湖ベル店 at 11:24| 山梨 | Comment(0) | メガネ作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

メガネレンズ、輝かせます!


山梨で愛され続けて121年!メガネ・補聴器のセイビドー河口湖店スタッフの依田です








みなさんこんにちは







今回は新作のフレーム紹介も特にないので、メガネ作りの模様をご紹介します





1本のメガネが完成するまでには、数々の工程があるのですが、特にワタクシがこだわっているのがこちら











バフ.jpg








この機械は『バフ』といいます






何をするための機械かというとですね、











befor.jpg









こちらは機械で削り上がったままのレンズの状態です。












バフは、この削り上がったレンズのコバを磨くための機械なんです。












では、やってみますね









バフ2.jpg
(ウィーーーーーーーンヴゥーーーヴヴヴヴィーー!)











after.jpg












っとこんなにピカピカになります








河口湖店のバフは長年かけて育ててきた、唯一無二の機械で、取替えはききません。











バフ布の右側から左側にかけてだんだん目が細かくなっており、レンズを様々な角度で当てます。











スジ1本残しません。










この『コバ磨き』には自信があります!









ぜひお申し付けください






依田でした〜







依田.jpg
(ドヤァ)


メガネのセイビドー公式ホーページはこちらです♪
メガネのセイビドーfacebookアカウントはこちらです☆



posted by セイビドー河口湖ベル店 at 14:16| Comment(0) | メガネ作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする